京セラ 経営


「経営は利他の心で」 稲盛和夫・京セラ名誉会長

アメーバ経営とは 稲盛が京セラを経営するなかで、京セラの経営理念を実現するために創り出した独自の経営管理手法です。

アメーバ経営では、組織をアメーバと呼ぶ小集団に分けます。

すばらしい会社でありたいと考えてやってきたのが京セラの経営です。

人の心はうつろいやすく変わりやすいものといわれますが、また同時にこれほど強固なものもないのです。

経営哲学 京セラグループの経営の原点は、創業者である稲盛和夫の実体験や経験則にもとづいた企業哲学であり、人生哲学ともいえる「京セラフィロソフィ」です。

京セラは、実はアメリカの会社と競争して勝ち、その会社を買収した。

その会社の社長に、「今後もこの会社の社長としてやっていってほしい。

京セラの経営理念、フィロソフィ教育、経営者育 成(全員参加経営)、アメーバ組織、そして京セラ管理会計の要である時間当り採算について順 次検討することにしよう。

|アメーバ経営 |京セラ会計学 | アメーバ経営 京セラグループでは、「アメーバ経営」と呼ばれる独自の経営管理手法を採用しています。

その後、この人の心をベースとして、京セラを経営していく中で、稲盛はさまざまな困難に遭遇し苦しみながらもこれらを乗りこえてきました。

京セラは16日、通行人やクルマを識別できる車載カメラのデモを公開した。

志望動機については京セラ独自の経営理念やアメーバ経営に即したものになるよう心掛けた。

京都の中小企業経営者ら二十数人が、京セラを町工場から世界的企業に育てた稲盛氏から経営哲学を教わる勉強会として発足。

トップ 教育 記事 京セラ名誉会長・稲盛和夫「仕事でよりよい成果を上げるには?」 ツイート 答:はい。

塾では、稲盛氏が京セラの経営管理手法として導入した「アメーバ経営」などを若手経営者らが学んでいる。