モーツァルト 舞台


『モーツァルト!』2018PV【舞台映像Ver.】

幼少期より神童と崇められた天才音楽家、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの歓喜と苦悩に 平野は東京児童劇団の出身。

アイドルや声優の活動を経て、近年は舞台女優として着々と評価を高める。

モーツァルト作のオペラ等でヨーロッパを中心に広く知られるスペインを舞台とした「ドン・ジュアン伝説」。

山崎育三郎 囲み取材には山崎、古川をはじめ、トリプルキャストでモーツァルトの妻・コンスタンツェ役を務める 平野綾、生田絵梨花、木下晴香が出席。

ブロードウェイ舞台「アマデウス」を映画化した作品。

モーツァルトの伝記映画というよりは、サスペンス映画の要素が強くなっています。

舞台はウィーン! ウィーン、オーストリアからミュージカル情報を中心に、文化、歴史、生活などを紹介します。

『レミゼ』からモーツァルトのパトロンへ!実力派サマンサ・バークスに注目 世界中で親しまれ、 ミュージカル「キャバレー」や「アラジン」などに出演し、舞台の場でキャリアを積んできた。

また舞台美術を一新して上演される。

ミュージカル「モーツァルト!」製作発表会見より、熱唱する古川雄大。

合唱の舞台は、ザルツブルク大聖堂。

その「魔笛」をモーツァルトが見に行った時のことを、奥さんのコンスタンツェに書いて送った手紙の一部です。

・・・それからパパゲノがグロッケンシュピールでアリアを歌う時、舞台へいった。

(「タイムスリップ探偵団」の中学1年生3人組も脇役として登場します)「世界史」の名場面を舞台とした、さまざまなミステリーに巻きこまれます。

今回は、神席だったこともあり、モーツァルトの世界を演者の迫力をリアルに感じる事ができました。

今日は、第1陣のモーツァルトの舞台でした。

毎年恒例の地元自治体主催のリレーコンサート!ずっとモーツァルトピアノソナタを弾いています。

前回に引きつづき「モーツァルト!」のお話です。

このミュージカルには、 私たち観客が神さまのつもりで、舞台を見ていると、父、レオポルトはヴォルフを愛していることがわかりますよね。

宝塚以外の舞台は久々でしたが、モーツァルト!は想像以上に素晴らしい公演でした。

彼の仕事に対する懸命さはどの舞台を見ても伝わってくるので、モーツァルトのように自分を解放するということがこれからの課題だと思います。

ブログトップ 記事一覧 画像一覧 ◆慣れたらなんてことなかった ◆ピアノは計画的に〜モーツァルト 夏までに 2つも舞台がありまして ソロで弾く曲の 準備が必要です。